« 夏休みが[ほぼ]終わりました | トップページ | LAでは事件もなんだか映画みたい »

アレクサンダーテクニックを学んでいます

2月に思わせぶりなことを書いて以来ずっと、アレクサンダーテクニックのレッスンを受けてきました。

アレクサンダーテクニックというのは、本来もっている自分の能力を引き出すために、余計なことをしない、ってことを学ぶことなのね。

私たちみんな、小さな子どもの頃は、完璧に自分のカラダを使いこなし、しなやかで柔らかで自由だったのに、環境や教育や経験を通して、様々な癖や習慣を身にまとってしまっているんです、と。

まさにそれがわたしの腰痛、肩こりの元だったってことを認識したわけです。

このテクニックを使って行動すれば、自分の表現能力を十分にひき出すことができることから、音楽家や演劇、ダンス関係の人たちの間で、広く受け入れられてきたんです。

実際、アメリカではジュリアード音楽院や、カリフォルニア大学をはじめとする大学のパフォーミングアーツ学部は、授業でも取り入れているんですよ。

わたしがこのアレクサンダーテクニックを気に入った理由はいろいろあるんだけど、「人間はUNITY,一体である」ことを学ぶという点でして…「もうこれしかない!」と思った。

腰が痛い原因は、カラダ全体のバランスに関係しているし、カラダは感情や思考とも大きく影響し合っている。

それを深く突き詰めていくと、結局自分のことを深く見つめていくことになるのですよ。

正直、アレクサンダーテクニックを知った時点で、まだ自分が学ぶ前から「これは多くの人とシェアしたい」と思った。これってわたしには"Calling"だと感じたんだな。

なので、最初のレッスンを受けた時から「わたしは先生になるための学校に行きたいので、それに必要なレッスンをしてください」とお願いしたんです。

そして30回以上のプライベートレッスンを受け、学校へ面接を受けに行き、晴れて先週から学校に通い始めたというわけです。

は〜〜〜長い説明でしたね、ごめん、退屈だったでしょうか?

そんなわけで、カリフォルニアママゴンとしての役割ももう終わりに近づいてきているし、リフレッシュスタートしよう!と思って、先月、貯めに貯めてたイベントの数々の報告と整理を一気に行ったんだけど。。。。

それが、この学校がね、めちゃ面白いんですよ。これ、ママゴン放っておけないんですね。報告したくてウズウズ。なので、張り切らず、面白いことがあったら、ボチボチのペースで(今までもそうだったけどね、あはは)やっていこっかな?

アレクサンダーテクニックで学んだことや感じたことは別のブログを準備中です。またそちらも追ってご報告させていただきまーす。

では、今日も一日、スマイルでいきますか!

« 夏休みが[ほぼ]終わりました | トップページ | LAでは事件もなんだか映画みたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みが[ほぼ]終わりました | トップページ | LAでは事件もなんだか映画みたい »