« アレクサンダーテクニックとママゴン | トップページ | ショーナウィーク »

豪華な顔ぶれ

アレクサンダーテクニック教師養成スクールの先生は、アクタースクールでアレクサンダーテクニックを教えていたりもするので、雑談さえもとっても華やかなの。

ウォーレン・ベイティだとか、ジャック・ニコルソンだとか、アンソニー・ホプキンズなど…ちょっと年齢が高いのがたまに傷だけど、そういう人たちの話を、隣の家のネコの話をするような感覚でしてくれるんで、なんだかお得な気分。

でも、そんなことで感動している人は間違いなく、わたしだけですね。

生徒たちも、何人かは俳優だし。しかもけっこう皆さん、イケメンで個性的、そしてフレンドリー。これじゃ、学校が楽しくないわけないよねー。

オーディションを受けるためにお髭を伸ばしているニックが、わたしをデートに誘う。歳の差から言えば20は軽くちがうと思う。でも、ハリウッドじゃそんなの関係ないもんね。うふふ。

「なんの映画に出るの?」と聞くと、忍者タートルの実写版で出るという。ほー、忍者を知るためには、ジャパニーズのわたしからいろいろなことを教わろうって魂胆なのね。

フレンチ・レストランに行くと、北野武監督がオーナーとして挨拶に出てきた。そしてわたしにささやく「うまくやりましたね」とにやり。

「やめてくださいよ、ちょっとわたしの年齢は内緒よ」と、たけしの背中をたたく。

もー、夢もこんな豪華な感じになっちゃいましたよ、ハハハ。
(すっかり浮かれ気分↑)


アレクサンダーテクニックで学んだこと、感じたこと、経験したこと、気づいたこと、などなどをランダムにメモ書きしている『やわらかなカラダ、しなやかなココロ』もよろしくね。

« アレクサンダーテクニックとママゴン | トップページ | ショーナウィーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アレクサンダーテクニックとママゴン | トップページ | ショーナウィーク »